知っておきたい資産運用の基本

オートトレードシステム「Touch on」株式自動売買運用
                         過去11年の運用実績公表(バックテストの完全再現画像も同時公開
会社概要 問合わせ


資産運用提案3
いますぐ使うお金、大切にとっておきたいお金、運用して増やしたいお金・・・というように、お金には、きっといろいろな用途があるはずです。
資産運用の第一歩は、手持ちの資金を目的に応じて三つに分けることです。
目的に応じたお金の分け方
目的に応じたお金の分け方 目的に応じたお金の分け方
目的に応じたお金の分け方 目的に応じたお金の分け方
リスクとリターンの関係とは
投資にはつねに「リスクとリターン」という関係があります。
「リスク=危険」のイメージがあるかも知れませんが、投資の世界ではリスクとは「収益の変動幅」を意味します。一般的には、株式のように価格変動の幅が大きい金融商品は元本を大きく割ることもありますが、その一方では大きな収益(リターン)を期待できる可能性もあるのです。
投資を始めるにあたってはこのリスクとリターンの関係を理解することが大切です。
この関係をひとことでいえば…
大きなリターンを期待すればその分リスクも大きく、
リスクを小さくしたければリターンもその分小さい。

ということができます。
リスクとリターンの相関図 リスクとリターンの相関図
リスクの種類
リスクにはさまざまな種類があります。運用する金融商品の価格は、いろいろな要素によって変化することをまず知ってください。
運用資金が目減りすることがありますが、一方では、このリスクがあるからこそ大きなリターンを期待することもできるのです。
市場リスク その他のリスク
豆知識 豆知識
これは「投資元本を複利で運用する場合、元本が2倍になるおおまかな年数を計算する」簡易的な数式です。
たとえば、ちょうど10年で元本を2倍にするには年率7.2%の利回りの金融商品。また3年で2倍にするには年率24%の金融商品で運用しなければならないということになります。
超低金利時代のいま、仮に年率0.1%で運用して2倍にするには720年かかります。
ではここで質問です。いまから720年前といえば、何時代でしょう? 
答えは…なんと鎌倉時代。気の遠くなるような話ですね。こんな時代ですから、リスクをとりながら長期の資産運用もできるだけ考えていきたいものです。

では、次は、一休みでこちらへ。

質問です。10年後はどうなる?  

前のページ「日本人は利殖に無知?」に戻る

株初心者に優しい全自動株式売買ソフト、タッチオン。
無料体験プレゼントキャンペーンをやってます


製作進行中 後でもう一度見るには、 更新日:   
ただ今、全国に展開中!北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 新潟 長野 静岡 愛知 岐阜 三重 滋賀 京都 大阪 和歌山 奈良 兵庫 石川 富山 福井 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄 yahoo 
顧問弁護士による暮らしの法律アドバイスに  弁護士会の無料法律相談センター   無料法律相談
 個人情報保護ポリシー 免責事項  著作権  サイトマップ

  1. 無料アクセス解析

google グーグル


Eトレード 日経 yahoo,ヤフー