システムトレード開発
システムトレード

株式システムトレード
株式自動売買ソフト
会社概要 問合わせ

オートトレードシステム タッチオン




2007年1月の運用状況より抜粋
1.使用しているソフト=タッチオン プレミアム(1000)
2.運用金額=1,000万円をEトレード証券の口座に置く

(画面の構成や色などは予告無く変わることがあります。)

2007年1月5日
二銘柄が推奨され、注文中リストに表示されました。「状態」欄が注文準備、「処理」欄が緑色で「取消」と表示されます。
これは、待機時間(約3分間)で、「取消」をクリックして確認フォームに答えると取消すことも出来ます。


※画像をクリックすると少し大きい画像が見られます。


待機時間が過ぎるとインフォメーション欄に注文処理のメッセージが表示され、自動的にEトレード証券に買い注文メールが発信されます。


注文メールが送信されると、「状態」欄に「買注済1」と表示されますので、証券会社で処理されたうえ、約定するのを待つことになります。


約定すると、「状態」欄に「買約定1」、「処理」欄に「決済」と表示されます。複数の銘柄があるときは、順番に処理されてゆきます。


二銘柄とも約定しました。購入可能額(証券会社の口座残高)、持ち株合計(買付け時の金額で表示)が表示されます。


2007年1月17日
「注文中リスト」にあるように、この日までに二名柄を買付けて、さらに新しい推奨銘柄が表示されました。


保有している銘柄の中で予定利益率を上回っている銘柄に、売り決済の処理が行われました。「注文中リスト」の「状態」欄に
「売注済1」、「処理」欄に「売開始」と表示されています。


2007年1月23日
1月5日に買付けた銘柄の日数による停止条件で決済が始まりました。このように決済条件は日数の他に買付け金額に対する一定の利益率の二通りがあります。


2007年1月26日
1月9日に買付けた銘柄の決済処理が始まり、「処理」欄に「売開始」が表示されています。


「収支」ボタンをクリックすると、いつも「注文中リスト」が表示されている部分に「売買実績(日付順)」が表示されます。
1月最後の動きでしたので、この日の数字が1月の成績でした。


「収支」ボタンをもう一度クリックすると、「売買実績(銘柄ごと)」の表示に変わります。

なお、もう一度クリックすると、その日の日経平均(分足)グラフが表示され、さらに、もう一度クリックすると元に戻ります。


以上、2007年1月の動きの中から抜粋してタッチオンの様子をご紹介いたしました。

※実際の運用状況については、第三者によるブログが参考になりますので、こちらをご覧ください。





アレンジ
  1. 無料アクセス解析